労働保険

労働保険事務組合について

労働保険とは、「労働者災害補償保険(労災保険)」と「雇用保険」を総称したものです。労働保険事務組合は、事業主の事務負担を軽減するため、厚生労働省の認可を受けた中小企業の事業主を構成員とする「商工会議所」などが、事業主に代わって労働保険事務処理を代行します。

 

労働保険の事務委託をいただける事業主

a.鳴門商工会議所の会員であること。(原則管内の会員であること)
b.常時使用する労働者数が、以下の範囲である方。
  金融業、保険業、不動産業、小売業50人以下
  卸売業、サービス業100人以下
  その他の事業所300人以下
c.その他、事務組合規約を遵守していただける方。
d.一元適用事業に限る。二元適用事業者(農林水産・建設業等)を除く。

 

労働保険事務組合に委託したメリット
T:事業主に代わって事務処理するのでわずらわしい事務の手間が省けます。
U:労働保険に事業主や家族従業員なども「特別加入」できます。
V:労働保険料を金額に関わらず3期に分納できます。

 

※鳴門商工会議所労働保険事務組合に加入ご希望の場合、別途年会費が必要です。

徳島働き方改革推進支援センター

 

 当センターの専門家が、無料で事業主の方からの労務管理上のお悩みをお聞きし、就業規則の作成方法、賃金規定の見直しや労働関係助成金の活用などを含めたアドバイスを行います。ぜひご活用下さい。

 

徳島働き方改革推進支援センター(徳島県社会保険労務士会)
厚生労働省委託 令和2年度中小企業・小規模事業者に対する働き方改革推進支援事業
TEL 0120-967-951 〒770-0865 徳島県徳島市南末広町5-8-8

 
トップへ戻る